いきもの

ミシシッピアカミミガメの卵詰まりを何とかしたい(続報6)

卵詰まりの続報6です。

【!!閲覧注意!!】
今回は、手術跡だけでなく術後の卵胞などの写真を撮らせていただいたので、それも掲載しています。
ちょっとグロいので、苦手な方は今回の記事はパスしていただければと思います。

しかしながら、カメを飼われている方々に何かのお役に立つのであればと思い、写真を載せる選択をしています。
手術という決断もする必要がある場合が発生するので。

ちょっと行間あけますね。

 

 

 

 

甲羅を切開しました

場合によっては身体的負担の少ない、後ろ足つけねの柔らかいところを少々切開して取り出せるとのこと。
うちの子の場合は、7つの卵のうち排卵促進剤でも2つしか出てこず。お腹の中で卵が癒着してしまったり、既に割れているものがあったりするかも等のため、確実に除去するため開腹となりました。

お腹側の甲羅を切って卵胞や卵管、卵を取り柄出した後に再び甲羅をはめ込んでパテで固定パテで8カ所固定して終了。
基本的には1週間入院となりますが、5日目には普通にごはんを食べられているとのことで退院の許可が下りました。

このパテは自然に取れるまで付けておくようです。

 

取り出した卵胞や卵管など

写真向かって一番右側は出来上がった卵です。黄色いのが、卵ができかけている部分。

思い染む

正式に動物病院から連絡がくるまでを心待ちにしていました。
家に帰ってからは、水槽の中に入れても大丈夫で、むしろ外で歩き回ってパテが取れてしまうので水の中の方が良いとのことです。
結構な重量のものを身体の外で出してしまったので、水の中ではおしりの方が浮いてしまいます。ちょっと左の方に傾いてしまうのは、まだ慣れてないからなのかな。

兎にも角にも手術も終わり、元気に自宅へ帰ることができたので、本当に良かったです。

 

関連記事

  1. いきもの

    ミシシッピアカミミガメの卵詰まりを何とかしたい(続報9)

    前回の記事で、1年前に手術してもらった甲羅部分について。手術で四角…

  2. いきもの

    ちよだ猫まつり2019が始まり、猫好き天国へ!

    ちよだ猫まつり2019が始まり、猫好き天国へ!あなたに寄り添い…

  3. いきもの

    あなたに寄り添う愛猫の「ねこ生」をつづる「ねこライフ手帳 ベーシック」新発売!!

    ついに!!!「ねこライフ手帳 ベーシック」が発売されましたー!…

  4. いきもの

    ミシシッピアカミミガメの卵詰まりを何とかしたい(続報8)

    1年前に、卵詰まりにより、大変な事態を引き起こさないように手術しました…

  5. いきもの

    ねこが変な鳴き声を出していたので病院に行ってみた

    ねこが変な鳴き声を出していたので病院に行ってみたあなたに寄り添…

  6. いきもの

    ミシシッピアカミミガメの卵詰まりを何とかしたい(続報3)

    卵詰まりの続報3です。昨日、かかりつけ医の「こんどう動物病院」…

アーカイブ

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

  1. 身体

    遺伝子検査を申し込む際に検討したこと
  2. 心理学

    自動車で表現できる人の行動【選択理論心理学】
  3. いきもの

    猫が腎不全になったので治療しています
  4. その他

    CITTA手帳ユーザーが集う会でみんなつながろう!
  5. いきもの

    カメの水槽(その2:お引越し失敗1)
PAGE TOP