その他

音楽朗読劇「クリスマス・キャロル」で平成最後のクリスマスを満喫

音楽朗読劇「クリスマス・キャロル」で、クリスマスを満喫してきました。

もうこれで、クリスマスはおしまいでいいと言うほど(笑)。

CITTA手帳講座でご一緒したピアニスト、細田真子さんが演奏。

その日に受講した受講生と講師が全員集合!

大人な空間の「マンダラ」

南青山にある「マンダラ」というライブハウス。

ライブハウスはハードロック&ヘビーメタル系しか行ったことがない。

イスやテーブルもなく、みんな総立ち。

そんなイメージしかなくって大丈夫か?!

ちょっと降ったところに入口があり、そこでチケット確認。

さらにさらに地下へ降りていくと・・・

 

地下にとても広い空間が!

グランドピアノが設置された舞台、ワインレッド的なクロスがかかったテーブル。

ほどよい照明の当て方がオシャレな空間を演出しています。

開場時間ちょうどに行ったので、ほとんどお客さんおらず。

ゆっくりと会場を見回すことができました。

クリスマス・キャロルとは

さてさて、肝心のクリスマス・キャロル。

1843年にイギリスの作家チャールズ・ディケンズが発表した中編小説。

日本では何名かが翻訳をしている作品で、今回はL・モンゴメリの「赤毛のアン」の翻訳で有名な村岡花子さん訳の本。

村岡花子さんはNHK連続テレビ小説「花子とアン」でドラマ化されていたのでご存知の方も多いと思います。

 

時は19世紀のあるクリスマスイブの夜、場所はロンドンの下町。

主人公は「マーレイ&スクルージ商会」という会社の経営者、エベネーザ・スクルージという初老の男。

ケチでエゴのかたまりで愛情もないスクルージ。その強欲さから周囲のものからとても嫌われていた。

クリスマス前日の夜までも、薄給で事務として雇っていたボブ・クラチットを働かせるほど。

事務所を閉めて自宅に戻ったスクルージ。そこには7年前に亡くなった共同経営者であったジェイコブ・マーレイの亡霊が訪問。

その姿は、鎖にまみれており、その鎖は強欲なものは生前の罪に比例して多くなるということだ。

スクルージにはそれ以上の鎖が待っている運命。

それを回避するために新しい生き方を変えるために、「過去・現在・未来」という3人の精霊がスクルージの前に現れると伝える。

スクルージはどのように変わることができるのか?

 

登場人物は・・・・要は、図のようにたくさんいる!(当日いただいたペラから抜粋させていただきました)

H3見出しb

構成・演出は「演劇企画JOKO」の河田園子さん
朗読は「俳優座」の中 寛三さん、青☆組の土屋杏文さん
ピアノは細田真子さん

実は、生の舞台を見るのはとても苦手。

落ち着きないし、世界に入りすぎて「自分ならこういう風にセリフを言う!」と考えてしまう。

「あれ?いま、大きな声でセリフ出なかった?」と言うくらいなので、行くのも怖い。

役者さんが上手ければ上手いほどそうなってしまう。

今回は特に、中寛三さんが年配でベテランすぎる役者さん。

さすがに長年やってるだけあって上手い。

ちょっと危なかった・・・。

この物語の導入は真子さんのピアノから入ったのですが、

「あ!この弾きかたスキ!」と言うピアノでした。

やっぱりプロの演奏は生に限る!ビールとピアノは生ですね!(ビール飲めないけど)

大胆かつ繊細な部分があったりと、もっとピアノ聴いていたかったな。

細田真子さんは、いろいろなドラマやアニメ、アーティストさんと一緒に活動されている方。

なかでも、「はじめの一歩 New Challenger」はアニメで興奮しながら見ていたので驚きです!(ちょっと興奮気味)

2019年は何かと忙しくなりそうですが、もっと芸術にふれて行きたいな。

ピアニスト細田真子さんHP
http://masakohosoda.com

ピアニスト細田真子さんブログ
https://ameblo.jp/masakohosoda/

南青山MANDALA
http://www.mandala.gr.jp/aoyama/

ピアニスト細田真子さんのCDはこちら

【映画】ボヘミアン・ラプソディーでクイーンを深く知った日前のページ

立川談慶師匠の落語と勝間和代さんのロジカルクッキング次のページ

関連記事

  1. その他

    【勝間塾】オトナのゆるいゲーム会で初めての麻雀体験(その1)

    経済評論家の勝間和代さんが塾長をつとめる勝間塾で、楽しそうなイベントが…

  2. その他

    日本人小児科医が活躍する姿「カンボジアに医療の灯火を」を観て奮起する

    日本人小児科医が活躍する姿「カンボジアに医療の灯火を」を観て奮起する…

  3. その他

    【浅草ぶらり】昭和情緒がたまらない「珈琲ハトヤ」

    以前、昭和初期の浅草が舞台になった「黄昏のボードビル」(斎藤憐 作)と…

  4. その他

    千葉県流山市の「148cafe」は赤ちゃん連れでもゆっくり

    千葉県流山市の「148cafe」は赤ちゃん連れでもゆっくりあなたに…

  5. その他

    「梅の花」で一族の新年会、姪っ子さんに威厳を保て!(お年玉で)

    「梅の花」流山おおたかの森店で、毎年恒例になっている一族の新年会に行っ…

  6. その他

    人にやさしいおみくじを引いてきた(浅草寺ではありません)

    人にやさしいおみくじを引いてきました。ということは、浅草寺ではありませ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  1. カウンセリング&コーチング

    カウンセリング勉強会に流派の違う技法を持ち込むと大混乱
  2. いきもの

    ちよだ猫まつり2019が始まり、猫好き天国へ!
  3. 心理学

    マインドフルネス・グループが始まりました
  4. 精神

    ヨガ哲学を取り入れたCITTA手帳で人生が整ってくる!
  5. その他

    筑波山〜山が御神体のパワースポット〜(3)
PAGE TOP