いきもの

血だらけになっている小さな命を放っておけるか!

血だらけになっている小さな命を放っておけるか!

あなたの「変わりたい」を応援!
変容を起こすカウンセリング はる です。

「肉球がパックリ割れています」
「後ろ足の爪1本が根元から取れてます」
「顔にも、明らかに爪あとの傷がありますので、猫同士のケンカでしょうね」

その男の子は、うちの庭をパトロールの通り道にしているらしい。

よく見かける子だ。

午前中の涼しいうちに見かけたその子は、顔は傷だらけで、血がにじんでいた。

左前脚と右後ろ脚は引きずっている。

眼光は兵士さながら、鋭いが、同時に疲労しているようにも見える。

とても痛々しくて、いつもとは違った歩き方に命の危機を感じてしまった。

 

数ヶ月前に、車を運転していたら、道路の真ん中を、トラ模様の猫が歩いていた。

その背中には、黒っぽい毛色の中に、一本の白い筋が見えていた。

「え? 背中がパックリ行ってる?」

恐らく、この傷も猫同士のケンカでできたような傷だったのだろう。

傷の絶えない子だ。

 

うちには6匹の猫がいるが、4匹は子猫を連れてうちの庭にきた親子猫だ。

2匹は、やはり何かしらの負傷(ケンカだけではなく、肛門線の破裂など)をして、見ただけでもかわいそうになった子たちである。

病院へ連れていき、不妊手術を行い、そのまま一緒に暮らすことにした。

 

すでに6匹もいると、もう受け入れるには限界だ。

しかし、せっかくこの世に生まれてきた命を放置して、命の火を消してしまうと思うとゾッとする。

「捕獲して病院へ連れて行く!」

全く迷いはなかった。

 

人に慣れていない野良猫は、洗濯ネットなどに入ってもらって病院に連れて行く必要がある。

ネットに入ってくれていれば、その上から採血や注射ができるし、逃げられないようにもできる。

タオルを敷き詰めたキャリーケースの中に入れる。

白いタオルやネットに、赤い血がついているのが見える。

キャリーケースの中から、ネット越しにこちらをジッと見つめている。

何を思っているのだろうか。

病院に着いてからは、口を開いて舌を出しながら、呼吸が荒々しく、激しくなっていた。

相当恐ろしいのだろう。

「大丈夫だよ」と、何回も声をかける。

病院に着き、名前を呼ばれて診察室の中へ入った。

先生は女医さんで、以前から思ってはいるが、どんなことが起きても動じない。

暴れても、逃げ回っても、手に爪を立てられてもだ。

冷静に、首にカラーをかけて、一瞬にして恐れおののいて爪を飛ばしてくる猫を、赤子の手をひねるような感じでサラリとかわす。

いつ見ても惚れ惚れする腕前だ。

検査を含めて、傷の状態を見ながら処置をしてくれるというので、一旦預けて電話を待った。

 

夕方になり、電話がかかってきて検査結果を聞きに行った。

「肉球がパックリ割れています」
「後ろ足の爪1本が根元から取れてます」
「顔にも、明らかに爪あとの傷がありますので、猫同士のケンカでしょうね」

消毒や抗生剤を注射してもらい、治療を施してくれた。

呼吸が激しかったので、争ったときに傷が肺まで達していないか心配だったが、聴診器で雑音は聞かれなかったので、レントゲンまでは必要ないだろうとのことだった。

血液検査の数値は問題なかったが、簡単にいうと「猫エイズ」は陽性だった。

人には感染しないが、猫同士は血液や体液で感染ることがある。

元々持っていたのか、争いによって感染してしまったのかは分からない。

発祥はしていないので、キャリアという状態だ。

だが、猫同士で感染してしまうので、うちでの保護は難しい。

野良猫ではあるが、普通に受診すれば費用はかかる。

「お預かりして、終わったら電話しますね」

とだけ言われ、内訳については全く考えていなかった。

けっこう費用がかかったので明細を見てみたら「半日入院」と記されていた。

いつも庭を横切っている小さな顔なじみの命が守れるならば、いくらかかっても良いと思っていた。

小さな命を含め、みんな幸せになると良いなと思わずにはいられない。

 

自宅に戻り、庭に放した後、一目散にダッシュして逃げていった。

うちの敷地から出る前にこちらを振り向き、眺めていた。

何を思っていたのかは分からない。

突然捕獲され、ネットとキャリーケースに入れられ、車で搬送。

知らない場所で、体をいじられ、とても怖かったと思う。

そのまま敷地を後にして行ったが、できることなら、また元気な姿を見せて欲しいと願っている。

保護した場合、飼えなければ、どのような保護の仕方ができるのか、保護団体を検索したが、有益な情報はなかった。

保健所がやっている動物愛護ふれあいセンターは、まだ殺処分の危険性があるような文章が見られた。

民間の保護団体は、毎日のように「連れて行くので保護してくれないか」という問い合わせが来るため、子猫などでない限り、引き取ることはない。

里親に名乗り出るならば、住所を教える。

それ以外は、連れ込みや、建物前なのに捨てられることも十二分に考えられるので、教えることはできないようだ。

 

東京都の千代田区や台東区では、犬猫の殺処分はゼロと言われている。

これらのような区をお手本にしながら、同じような取り組みをぜひお願いしたいと考えてしまう。

それぞれの保健所の苦労は伝わってくるし、民間の動物保護団体は、ボランティアや寄付、活動する時間は本業の合間で行うなどが多いと聞く。

幸せになる手を色々と探し、獣医の先生にも尋ねてみたが、現実はとてもとても難しかった。

 

人間が幅を利かせている世の中で、小さい命をどのように救い、守れるのかを、日々考えていたいと思う。

 

野良猫は、野良の世界があるから、病院になど無責任という方もいるかもしれない。

責任云々ということではなく、血だらけになっている小さな命を目の当たりにしたとき、放ってはおけない。

少なくとも私は。

 

お知らせ

「心理カウンセリング・コーチング対面セッション」を承ります

恋人関係、夫婦関係、親子関係、職場での人間関係などでお悩みの方への、心の相談を承ります。

また、「自分を変革したいけど、なかなかできない!」

そんな方のご相談も承っています。

ご興味がある方はお気軽にご連絡ください。

東京都の上野駅周辺で「対面セッション」をうけたまわっております。

SNSのメッセージで受付いたします。

Twitter はる

対面セッション
 50分 20,000円(税抜)
オンラインセッション
50分 18,000円(税抜)
体験セッション
30分  5,000円(税抜)

 


「ねこライフ手帳™ベーシック」発売中!!

あなたに寄り添う愛猫の「ねこ生」をつづっていく『本格派・猫の手帳』
使用期限はありません。出会ったその日から、何年、何十年でも使えます!

 

2019年2月1日より一般販売開始
税込2,700円(税抜2,500円)/ 全国送料無料

お求めはこちら
愛猫とあなたで作る ねこライフ手帳

この機会にぜひ!!

そして、以前書いたブログ記事

あなたに寄り添う愛猫の「ねこ生」をつづる「ねこライフ手帳 ベーシック」新発売!!

「ねこライフ手帳」のホームページができました

 

 

関連記事

  1. いきもの

    ミシシッピアカミミガメの卵詰まりを何とかしたい(続報6)

    卵詰まりの続報6です。【!!閲覧注意!!】今回は、手術跡だ…

  2. いきもの

    講師不在! 猫セミナーは無事に終了したのか!?

    講師不在! 猫セミナーは無事に終了したのか?!あなたの「変わり…

  3. いきもの

    「ねこライフ手帳」のホームページができました

    こんにちは。レゾナンスファシリテーター&心理カウンセラーのはる…

  4. いきもの

    ミシシッピアカミミガメの卵詰まりを何とかしたい(続報3)

    卵詰まりの続報3です。昨日、かかりつけ医の「こんどう動物病院」…

  5. いきもの

    ミシシッピアカミミガメの卵詰まりを何とかしたい

    うちはミシシッピアカミミガメと15年間一緒に暮らしております。1ヵ…

  6. いきもの

    ミシシッピアカミミガメの卵詰まりを何とかしたい(続報1)

    卵詰まりの続報1です。前回書いた通り、7つの卵詰まり中ですが2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

  1. 学び

    時代の先端を知りたいならこの人!神田昌典全国横断講演ツアー2022
  2. その他

    2019年のテーマは「純化」そして「ジェットストリーム」
  3. その他

    猛烈な台風で隣家も破損!保証はどうなるのか?
  4. その他

    確定申告は条件が合えばスマホでも申告が可能になりました
  5. その他

    茨城県民のやさしさを見た
PAGE TOP