その他

内省を持っていると忙しすぎる

内省を持っているとこうなる(一例)

「金持ち父さん貧乏父さん」を書かれたロバート・キヨサキ氏が2017年10月に最後の来日をするそうな。

最後の来日・・・もう日本には来ないんですね(そっかそっか)。

本当にどうでも良いことだけど、

「金持ち父さん、貧乏倒産」
「金持ち倒産、貧乏父さん」
「金持ち倒産、貧乏倒産」

とか色々変換して、ひとりで色々想像しています。

結論として、、、この本から得た、今の自分に大切なこと。
本の表紙のように金持ちでも、金持ち父さんの体格にはなりたくないと思った。

でも、、、まてよ、貧乏父さんのような貧相な体格もイヤだな。ましてや父さんじゃないし、自分。

目指すは「金持ち細マッチョお兄さん」ということになりました。
個人的にプロテインは、イギリスの「マイプロテイン」がオススメです。

どうでも良い話、失礼しました。
内省持ちの私は、常にこんなことばかり考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。

追伸
「金持ち父さん貧乏父さん」の内容自体は、本当に良い内容です。

ギャラップ社のストレングスファインダーで内省が強いと分かった

ギャラップ社のストレングスファインダー(34の強みが分かるテスト)によると、内省が強い方だとわかりました。
内省が強いと何が起きるかというと、「ずっと頭の中でぐるぐるぐるぐる考えている状態が続いています。要するに、呼吸をするのと同じように内省しているということです。

先日、内省を持っていない友人に「内省が低い人はボーッとして何も考えないことがあるって言ってたよ」と話したら、「信じられない!そんなことない!」と言われたことがあります。
ストレングスファインダーはお互いの強みを知ること、人との違いを理解することができるので、34の資質を出すテストはオススメです。
詳細は「さあ、才能に目覚めよう」という書籍をご参照ください。

 

オレオレ詐欺危機一髪!母よ、それは兄ではない前のページ

働き方改革を考える次のページ

関連記事

  1. その他

    音楽朗読劇「クリスマス・キャロル」で平成最後のクリスマスを満喫

    音楽朗読劇「クリスマス・キャロル」で、クリスマスを満喫してきました。…

  2. 読書

    「メモの魔力」(前田裕二著)ーメモで自分を見つめ直し夢を叶える:読書

    「メモの魔力」(前田裕二著)をレゾナンスリーディングしました。…

  3. その他

    明治神宮の参拝&御朱印&おみくじ、そして都会の真ん中で森林浴

    明治神宮の参拝&御朱印&おみくじ、そして都会の真ん中で森林浴あ…

  4. その他

    西新井大師でお護摩を焚き、お寺にあるハートを拝む

    西新井大師でお護摩を焚き、ハートを拝むこんにちは、心理…

  5. 読書

    「本を読まない読書法」のワードジャングルを使った読書会を体験

    「本を読まない読書法」のワードジャングルを使った読書会を体験あ…

  6. その他

    【浅草ぶらり】昭和情緒がたまらない「珈琲ハトヤ」

    以前、昭和初期の浅草が舞台になった「黄昏のボードビル」(斎藤憐 作)と…

アーカイブ

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  1. いきもの

    カメの水槽(その1:新居へお引越し)
  2. 食べもの

    「旬菜食健ひな野」で無添加な健康食をいただきました
  3. 学び

    かさこ塾って怪しい?評判は?終わるってウワサは本当?
  4. 読書

    牡蠣のグラタンが絶品!「旬菜くっちーな」でいきなり読書会
  5. いきもの

    知らないままで終わったらもったいない!ちよだ猫まつり2019
PAGE TOP