食べもの

【菓子】お詫びが必要ならこれを持っていきなさい「切腹最中」

私の中で「最中」といえば、栃木県足利市の「古印最中」がダントツトップでした。

小さくても餡が凝縮されて入っているような重厚感とおいしさ。

足利に行ったら買わないことはないほど。

 

この度、その「古印最中」に並ぶものが上がってきました。せき

それが、大正元年創業という老舗、新生堂の「切腹最中」です。

お詫びのお供に「切腹最中」

この最中の存在を知ったのは、数年前に放送されたテレビでした。

あることで売れに売れているということ。

お店の方のインタビューで、「お詫びのときに買われていく方が多い」ということでした。

相手がシャレの分かる方、そんなに深刻な案件でなければ面白い一品ですね。

でも、味が良くなければ許されるものではありません!

ようやく手に入れることができたので、さっそく開封の儀式をおこないます。

箱に書かれている文章が粋だね!

まずは外箱を拝見。

その箱の表面と左右に、次のような文章がズラリと続いています。

元禄十四年三月十四日、殿中「松の廊下」で後の「忠臣蔵」へと発展する刃傷(にんじょう)事件は起こりました。

巳の上刻(午前十時)から六つ刻(午後六時)過ぎにかけて、刃傷・・・田村邸お預け・・・評定・・・切腹・・・と、その日のうちに矢継ぎ早に執り行われたと言います。

「切腹」・・・殿中での人情とあれば已(や)むを得ぬお裁きとはいえ、ここで問題なのは、浅野内匠頭(たくみのかみ)がいかに青年の激情家であったにしろ、多くの家臣、家族を抱える大名であったのだから、今少し慎重な調査がなされても良かったのではなかろうかということでありました。

喧嘩両成敗の原則をも踏みにじった、公平を欠く短絡的なお裁きが、後の義挙仇討ち「忠臣蔵」へと発展したことは否めません。

当店は、切腹がなされた田村右京太夫屋敷跡に存する和菓子店として、この「忠臣蔵」にまつわる数々の語り草が和菓子を通じて、皆様の口の端に上がればという思いを込めて、最中にたっぷりの餡を込めて切腹させて見ました

風さそふ 花よりもなほ 我はまた
春の名残を いかにしやせん

の辞世の句とともに、本品が話の花を咲かせるよすがともなればと心を込めておつくりしております。

何卒、末長くご愛用の程伏してお願い申し上げます。

粋ですね・・・。

忠臣蔵の一連の流れを、簡単簡潔に書かれていて、知らない人でもわかりやすい。

そして、この和菓子店の場所が浅野内匠頭が切腹した屋敷があったというのに驚きです。

この最中を知らなければ、この事実も知らないままだったかもしれません。

また、「最中にたっぷりの餡を込めて切腹させて見ました」というフレーズも良いですね。

一気にファンになりました。

餡があふれ出すようにごっそり詰まっている

箱を開けてみると、切腹されている最中がズラリ。

餡が直接触れないように、ビニールで保護されています。

一つ一つに「切腹最中」と書かれた紙が貼られています。

ちょっと残念なことは、完全個別包装となっていないので、職場などで配るときは、ティッシュか何かを敷かないと直接最中部分が机に触れてしまいます。

大きなお世話ですが・・・。

横からの見た目は、最中から餡があふれ出しているように見えます。

餡本体が黒光りしていて、ズッシリ感がすごい!

上から見ると・・・、このデザインは何でしょうか?

旧暦で三月十四日となると、今の四月の後半のようだけど桜?

このまま見ると唇?

そんなわけない?!

逆から見て・・・梅?それとも松かな?

そして実食!!

ちょっと大きく、ズッシリしている。

皮は、ちょいパリッ&ちょいシットリで程よい感じ。

中は全てあんこだと思っていたら、求肥(ぎゅうひ)が入っていて食べごたえバツグン!

甘みも程よく、そんなに飽きがこない。

けど、1個でお腹いっぱいになるくらい。

飲み物は、熱い緑茶が合いますね。

お詫びにも使え、歴史も学べ、そして美味しい。

これをきっかけに、もっと忠臣蔵を知りたくなりました。

東京都港区新橋
株式会社新正堂
http://www.shinshodoh.co.jp

 

 

 

【菓子】サクッとした食感とろける舌ざわり「月世界」前のページ

【浅草ぶらり】運気を上げる揚げまんじゅう次のページ

関連記事

  1. 食べもの

    接待でも使われる料亭「日本料理 千仙」でしゃぶしゃぶ御膳

    千葉県柏市にある、接待でも使われる料亭「日本料理 千仙」でしゃぶしゃぶ…

  2. 食べもの

    【菓子】香しく甘みが口いっぱいに広がる「かもめの玉子」

    最近は、糖質制限ダイエットが流行っていたり、砂糖の中毒性は麻薬に匹敵す…

  3. その他

    「梅の花」で一族の新年会、姪っ子さんに威厳を保て!(お年玉で)

    「梅の花」流山おおたかの森店で、毎年恒例になっている一族の新年会に行っ…

  4. 食べもの

    ホットクックで驚愕の甘さの無水玉ねぎスープが作れる

    スーパーに行ったら、新玉ねぎが2kgで299円で売っていたので、思わず…

  5. 食べもの

    福井銘菓「碌寳焼(ろっぽうやき)」は香ばしく絶品

    甘いもの大好きなスイーツ男子として、ぜひ紹介したいお菓子の一つを紹介し…

  6. 食べもの

    【浅草ぶらり】運気を上げる揚げまんじゅう

    またまた来ました浅草へ。ここ数年で外国人観光客がすごく多くなり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  1. レゾナンスリーディング

    「週末社長のススメ」(高樹公一著)ー起業の基礎を固めるための練習:読書
  2. いきもの

    ミシシッピアカミミガメの卵詰まりを何とかしたい(続報3)
  3. 心理学

    ゆっくりでもいい「身につけたい7つの習慣」【選択理論心理学】
  4. 学び

    天狼院メディアグランプリ掲載「白骨のお面」
  5. その他

    【告知】11月23日CITTA手帳オフ会に参加します!
PAGE TOP