食べもの

超かんたん低糖質な鶏ハムづくり

最近、低糖質&低脂質&高タンパク質が中心の食事をしています。
正直言って、自炊って面倒。ですが、食事内容を切りかえると自炊の方が栄養成分としては操作しやすいのです。

ということで、超かんたんな鶏ハムを作ってみました。

超かんたん鶏ハム

超かんたんと言っても、軽く下ごしらえをしてから作ってみました。
時間帯は夜。鍋に入れて放置しておけば、余熱でしっかりと仲間で火が通ります。

材料(量はめんどうなので感覚的適量)
・鶏のムネ肉
・塩こうじ
・カレー粉
・ブラックペッパー

・ラップ
・輪ゴム(2つ)

今回の材料とは違うので参考として、基本的な作り方の栄養素としては(スライス1枚あたり29グラム)
たんぱく質6.8g、脂質0.6g、糖質(炭水化物)0g、カロリー33kcalと超ヘルシー。
(鶏ムネ肉(皮なし)29g、食塩0.1g、こしょう(粉0.01g))

1. 鶏ムネ肉の皮を取り去って、観音開きに切ります

2. 塩こうじをスリスリとなすり付けます(適量)

3. カレー粉をなすり付けた後、ブラックペッパーを振りかけます(適量)

4. くるくると巻いちゃいます

5. ラップでキャンディーのように両脇をねじって輪ゴムでとめます

6. その上からさらにラップで包みます

7. ぐつぐつと沸騰した鍋に入れて5分たったら火を止めます

8. フタを閉めて一晩放置。余熱で中までじっくり火が通るので安心

 

完成した

朝、昼はガッツリ食べ、夜は量を減らしているので、鶏ハムがちょうど良い量で食べられます。


うん、カレーの味がきいていて美味しい。
味が薄ければ塩こしょうをふりかけて、調節しながら食べれば良いので、失敗はないかと。


ちなみにこちらは、塩こうじ&カレー粉の代わりにパスタのバジルソースを使った写真です。
結局、味が薄かったので塩こしょう追加でいただきました。

思い染む

今まで外食中心でしたが、自炊すると食費の節約になりますね。
以前はとなりがスーパーだったので頻繁に買い物していましたが、撤退してしまってからは自分であまり作ることもせず。
面倒なのでワンパターンのメニューですが、作るのも楽しいかも。
落ち着いたら料理教室に通いたいと思う今日この頃です。

 

コーヒー豆の出がらしの活用範囲が広い前のページ

うわさのラケットドックでテニスラケット選び次のページ

関連記事

  1. 食べもの

    【菓子】サクッとした食感とろける舌ざわり「月世界」

    富山の銘菓「月世界(つきせかい)」。周囲では比較的、知らない人…

  2. その他

    【浅草ぶらり】昭和情緒がたまらない「珈琲ハトヤ」

    以前、昭和初期の浅草が舞台になった「黄昏のボードビル」(斎藤憐 作)と…

  3. 食べもの

    プリンはやっぱりプッチンプリン(グリコ)

    私が一番この世で大好きな食べもの。それはプリン。宇宙一…

  4. 食べもの

    朝採り野菜のレストラン「さんち家」は美の宝庫

    千葉県柏市にある「さんち家」へ言ってまいりました。ここは、地元…

  5. 食べもの

    うどん屋さんで人情を体験する

    うどん屋さんで、とても心温まる体験をしました。うどんが食べたくなっ…

  6. 食べもの

    【浅草ぶらり】こんなもの飲めない!そんな自販機に出会う(だし道楽)

    ある夏の暑い日。そう、2018年は稀にみる猛暑でした。…

アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

  1. その他

    2020年フューチャーマッピング®︎書き初め!
  2. 学び

    早く上達したければ早くプロに習え!〜写真の撮影会へ初潜入〜
  3. その他

    明治神宮の参拝&御朱印&おみくじ、そして都会の真ん中で森林浴
  4. 精神

    ヨガ哲学を取り入れたCITTA手帳で人生が整ってくる!
  5. 食べもの

    【菓子】サクッとした食感とろける舌ざわり「月世界」
PAGE TOP