食べもの

超かんたん低糖質な鶏ハムづくり

最近、低糖質&低脂質&高タンパク質が中心の食事をしています。
正直言って、自炊って面倒。ですが、食事内容を切りかえると自炊の方が栄養成分としては操作しやすいのです。

ということで、超かんたんな鶏ハムを作ってみました。

超かんたん鶏ハム

超かんたんと言っても、軽く下ごしらえをしてから作ってみました。
時間帯は夜。鍋に入れて放置しておけば、余熱でしっかりと仲間で火が通ります。

材料(量はめんどうなので感覚的適量)
・鶏のムネ肉
・塩こうじ
・カレー粉
・ブラックペッパー

・ラップ
・輪ゴム(2つ)

今回の材料とは違うので参考として、基本的な作り方の栄養素としては(スライス1枚あたり29グラム)
たんぱく質6.8g、脂質0.6g、糖質(炭水化物)0g、カロリー33kcalと超ヘルシー。
(鶏ムネ肉(皮なし)29g、食塩0.1g、こしょう(粉0.01g))

1. 鶏ムネ肉の皮を取り去って、観音開きに切ります

2. 塩こうじをスリスリとなすり付けます(適量)

3. カレー粉をなすり付けた後、ブラックペッパーを振りかけます(適量)

4. くるくると巻いちゃいます

5. ラップでキャンディーのように両脇をねじって輪ゴムでとめます

6. その上からさらにラップで包みます

7. ぐつぐつと沸騰した鍋に入れて5分たったら火を止めます

8. フタを閉めて一晩放置。余熱で中までじっくり火が通るので安心

 

完成した

朝、昼はガッツリ食べ、夜は量を減らしているので、鶏ハムがちょうど良い量で食べられます。


うん、カレーの味がきいていて美味しい。
味が薄ければ塩こしょうをふりかけて、調節しながら食べれば良いので、失敗はないかと。


ちなみにこちらは、塩こうじ&カレー粉の代わりにパスタのバジルソースを使った写真です。
結局、味が薄かったので塩こしょう追加でいただきました。

思い染む

今まで外食中心でしたが、自炊すると食費の節約になりますね。
以前はとなりがスーパーだったので頻繁に買い物していましたが、撤退してしまってからは自分であまり作ることもせず。
面倒なのでワンパターンのメニューですが、作るのも楽しいかも。
落ち着いたら料理教室に通いたいと思う今日この頃です。

 

コーヒー豆の出がらしの活用範囲が広い前のページ

うわさのラケットドックでテニスラケット選び次のページ

関連記事

  1. 食べもの

    タリーズで苦くないコーヒーを見つけた

    生まれつきの味覚ですが、人よりも非常に苦みを感じやすい舌を持っています…

  2. 読書

    牡蠣のグラタンが絶品!「旬菜くっちーな」でいきなり読書会

    牡蠣のグラタンが絶品!と聞いた「旬菜くっちーな」。こちらもまた…

  3. 食べもの

    ナポリタン輝く「スパゲッティーのパンチョ」が柏に来たー!

    午前中の用事を終え、ランチへと柏駅付近をフラフラ。たんぱく質を…

  4. 食べもの

    2019バレンタインでお菓子屋の戦略にハマりたくないアナタへ

    2019バレンタインでお菓子屋の戦略にハマりたくないアナタへあ…

  5. その他

    【浅草ぶらり】昭和情緒がたまらない「珈琲ハトヤ」

    以前、昭和初期の浅草が舞台になった「黄昏のボードビル」(斎藤憐 作)と…

  6. その他

    「梅の花」で一族の新年会、姪っ子さんに威厳を保て!(お年玉で)

    「梅の花」流山おおたかの森店で、毎年恒例になっている一族の新年会に行っ…

アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

  1. 能力開発

    能力に伸び悩んでいる人、はじめの一歩は速読から始めよう
  2. 学び

    私の似合う色が分からないを解決!ミニコーチング付きカラー診断
  3. その他

    人形町にあるタイニートリアのティールームで「夢を語る紅茶新年会」
  4. スポーツ

    テニスラケットの優れた振動止めを導入
  5. その他

    かの有名な「おかっぱミユキ」画伯に似顔絵を描いてもらえた!
PAGE TOP