その他

【勝間塾】オトナのゆるいゲーム会で初めての麻雀体験(その2)

【勝間塾】オトナのゆるいゲーム会で初めての麻雀体験(その1)に続き、その2です。

【勝間塾】オトナのゆるいゲーム会で初めての麻雀体験(その1)
https://harun8.com/study/1559/

麻雀組が、がっつりと麻雀をし続けている中、料理の鉄人さんたちが料理を作ってくれていました。

恐るべし!勝間塾生のロジカルクッキングがハンパない!

せっかく勝間塾の料理の鉄人さんたちが作ってくれたので、私も気合を入れて飯食い職人に返信せねば!

と思ったりしつつ。。

勝間塾生の購入率はかなり高いのではないかと思われるシャープの「ホットクック」がフル稼働。

自然の甘みや塩加減などが絶妙です。ホント、ちょうど良い。

素材を切って、調味料とともに入れてスイッチポン!

ざっくりなようで、しっかり分量を量っている。

特に塩分を入れすぎるとどうにもならない。

「きゅうりが残ってる!」のひとことで、プロがササッとあっという間にゴマ油とゴマなどで和え物を作っちゃう。

動きがめちゃ早です!

ピザは市販のものかな。

フルーツは参加者の方おひとりが差し入れで持ってきてくれました(これも美味しすぎでシアワセ)。

そして、白米ではなくて玄米ごはん。

玄米は食感もプチプチしていて、よく噛まないと食べにくい。

白米に比べて栄養分も高いし、よく噛むから満腹中枢が刺激されてお腹が空きにくいという利点があります。

玄米は好き嫌いがあるらしいのですが、単品食いのお米大好きなので何杯でもいける口。

また、炊きたての香りがたまらない!

給食のような、懐かしい感じでよそっていきます。

なんか合宿みたいでいいですね。

(顔をモザイクした方は写り込み確認後の集合写真で顔を隠していたので、配慮しております)

なんか、家族のような感じに見えてきますが(笑)、初対面の方も多かったんですよ。

ドリームキラーのいない勝間コミュニティというクローズのサイトで交流しているので、初対面という感じがしない方が多かったのかも。

とても不思議な感じです(笑)。

食後の片付けも、みんな一斉で早い早い。

片付けたあと、最後はまた別のゲームをしたりお話をしたりして終了。

色々な特技を持った人たちが集まっているので、話すだけでも勉強になります。

そして、麻雀はかなり柔軟に頭を使わないと難しいですね。

麻雀=ギャンブルというバイアスが外れました。

相変わらず勝間塾、おもしろい!

勝間塾
https://www.katsumaweb.com/katsuma_jyuku.php

【勝間塾】オトナのゆるいゲーム会で初めての麻雀体験(その1)前のページ

千葉県東葛飾地区の従来型デパートがなくなっていく悲しい現実次のページ

関連記事

  1. その他

    人形町にあるタイニートリアのティールームで「夢を語る紅茶新年会」

    タイニートリアのティールームで夢を語る紅茶新年会こんに…

  2. その他

    一目惚れした『タニットカード』

    昔々、占いが大好きすぎて、日本でもあまりなかった占いの学校に問い合わせ…

  3. その他

    パワースポットの神田明神では素の自分だけでご利益をいただく

    パワースポットの神田明神では素の自分だけでご利益をいただくあな…

  4. その他

    2019年一発目「いにしえびと」からのメッセージ(MYSTICAL SHAMAN ORACLE)

    2019年の1枚目として「MYSTICAL SHAMAN ORACLE…

  5. その他

    浅草寺のおみくじは引くべきか

    神社やお寺へ参拝するときには、必ずおみくじを引きます。なぜかという…

  6. その他

    2020年フューチャーマッピング®︎書き初め!

    2020年フューチャーマッピング®︎書き初め!あなたの「変わり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

  1. 心理学

    人は生まれながらにして欲求を満たそうとする【選択理論心理学】
  2. その他

    格安SIMに変えてガンガン使った1〜2週間、どうだった?
  3. 学び

    「春夏秋冬理論 2019年★年間計画作成講座」でパワーアップした!
  4. その他

    CITTA手帳ユーザーが集う会でみんなつながろう!
  5. その他

    【浅草ぶらり】昭和情緒がたまらない「珈琲ハトヤ」
PAGE TOP