食べもの

プリンはやっぱりプッチンプリン(グリコ)

私が一番この世で大好きな食べもの。

それはプリン。

宇宙一の芸術的な食べものと言っても過言ではないでしょう。

No.1:プッチンプリン

やはり、プリンと言ったらまずグリコのプッチンプリン。

カッププリンの元祖とも言える黄金色に輝くそのプリンは、神々しく見える。

スプーンから口に入ると、そのなめらかな甘みが口の中に広がっていく。

 

1個67gのプリンが3連のパックになって発売されている。

プッチンプリンは1972年から発売されているというロングセラープリン。

逆さまにして容器の底にあるツマミを折ると、そこから空気が入りスムーズにプリンがお皿に落ちるという仕掛けだ。

口当たりは、なめらか系でカラメルも固めなので、お皿に開けてもカラメルは落ちてこない。

飽きの来ないその味は、一気に3連すべてを食べてしまいうくらいスルっと行けてしまう。

 

①横からの眺め

 

②フタを開けて上からの眺め

 

③お皿の上に乗せます

 

④ツマミをプッチン(昔は丸かったツマミが、楕円形になっていて折りやすくなっている)

 

⑤お皿にプッチンぷるるんしても型くずれしない本体とカラメル

 

⑥スプーンですくってもしっかりしているが、なめらかな口当たりだ

 

今後も食べ続けたいプリン

お手軽価格で、スーパーやコンビニなどで気軽に購入できるところもよい。

過去に発売されたラインナップも豊富だが、やはり一番はスタンダードなプッチンプリンだろう。

 

心理カウンセラー認定試験に行ってきた前のページ

2018年戌年が始まりました次のページ

関連記事

  1. 食べもの

    【菓子】サクッとした食感とろける舌ざわり「月世界」

    富山の銘菓「月世界(つきせかい)」。周囲では比較的、知らない人…

  2. 身体

    セルフカフェスタイルの漢方「KAMPO煎専堂(SENJIDO)」で癒されてきた

    前回、東京浅草にある「まるごとニッポン」に行ってきたという記事を書きま…

  3. その他

    西新井大師の参道には味見でお腹いっぱいにさせる店がある

    西新井大師の参道には味見でお腹いっぱいにさせる店がある&nbs…

  4. 食べもの

    タリーズで苦くないコーヒーを見つけた

    生まれつきの味覚ですが、人よりも非常に苦みを感じやすい舌を持っています…

  5. 食べもの

    ナポリタン輝く「スパゲッティーのパンチョ」が柏に来たー!

    午前中の用事を終え、ランチへと柏駅付近をフラフラ。たんぱく質を…

  6. 読書

    牡蠣のグラタンが絶品!「旬菜くっちーな」でいきなり読書会

    牡蠣のグラタンが絶品!と聞いた「旬菜くっちーな」。こちらもまた…

アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

  1. 食べもの

    タリーズで苦くないコーヒーを見つけた
  2. 心理学

    一人ひとりの自由を大切に尊重しよう【選択理論心理学】
  3. 食べもの

    福井銘菓「碌寳焼(ろっぽうやき)」は香ばしく絶品
  4. その他

    【告知】11月23日CITTA手帳オフ会に参加します!
  5. 食べもの

    風流日本料理「歌行燈」でお蕎麦を堪能してきた
PAGE TOP