食べもの

プリンはやっぱりプッチンプリン(グリコ)

私が一番この世で大好きな食べもの。

それはプリン。

宇宙一の芸術的な食べものと言っても過言ではないでしょう。

No.1:プッチンプリン

やはり、プリンと言ったらまずグリコのプッチンプリン。

カッププリンの元祖とも言える黄金色に輝くそのプリンは、神々しく見える。

スプーンから口に入ると、そのなめらかな甘みが口の中に広がっていく。

 

1個67gのプリンが3連のパックになって発売されている。

プッチンプリンは1972年から発売されているというロングセラープリン。

逆さまにして容器の底にあるツマミを折ると、そこから空気が入りスムーズにプリンがお皿に落ちるという仕掛けだ。

口当たりは、なめらか系でカラメルも固めなので、お皿に開けてもカラメルは落ちてこない。

飽きの来ないその味は、一気に3連すべてを食べてしまいうくらいスルっと行けてしまう。

 

①横からの眺め

 

②フタを開けて上からの眺め

 

③お皿の上に乗せます

 

④ツマミをプッチン(昔は丸かったツマミが、楕円形になっていて折りやすくなっている)

 

⑤お皿にプッチンぷるるんしても型くずれしない本体とカラメル

 

⑥スプーンですくってもしっかりしているが、なめらかな口当たりだ

 

今後も食べ続けたいプリン

お手軽価格で、スーパーやコンビニなどで気軽に購入できるところもよい。

過去に発売されたラインナップも豊富だが、やはり一番はスタンダードなプッチンプリンだろう。

 

心理カウンセラー認定試験に行ってきた前のページ

2018年戌年が始まりました次のページ

関連記事

  1. その他

    千葉県流山市の「148cafe」は赤ちゃん連れでもゆっくり

    千葉県流山市の「148cafe」は赤ちゃん連れでもゆっくりあなたに…

  2. その他

    「梅の花」で一族の新年会、姪っ子さんに威厳を保て!(お年玉で)

    「梅の花」流山おおたかの森店で、毎年恒例になっている一族の新年会に行っ…

  3. 食べもの

    【菓子】香しく甘みが口いっぱいに広がる「かもめの玉子」

    最近は、糖質制限ダイエットが流行っていたり、砂糖の中毒性は麻薬に匹敵す…

  4. その他

    【浅草ぶらり】昭和情緒がたまらない「珈琲ハトヤ」

    以前、昭和初期の浅草が舞台になった「黄昏のボードビル」(斎藤憐 作)と…

  5. 身体

    セルフカフェスタイルの漢方「KAMPO煎専堂(SENJIDO)」で癒されてきた

    前回、東京浅草にある「まるごとニッポン」に行ってきたという記事を書きま…

  6. 食べもの

    接待でも使われる料亭「日本料理 千仙」でしゃぶしゃぶ御膳

    千葉県柏市にある、接待でも使われる料亭「日本料理 千仙」でしゃぶしゃぶ…

アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

  1. 食べもの

    【浅草ぶらり】うますぎて申し訳ないス!下町の洋食屋さん「ヨシカミ」
  2. その他

    奇跡な出会いのそれは自分の体調に必要な花だった
  3. その他

    相手の意見に対する「AしかしB」のモヤモヤ感
  4. レゾナンスリーディング

    「1万円起業」(クリス・ギレボー著)ー起業にお金はいらない?:読書
  5. 学び

    心理学関連の学びが増えてきた
PAGE TOP